カテゴリー
マスク 子供 接触冷感

接触冷感 マスク 子供 大特集

接触冷感のひんやりするマスクがあるみたいですね。子供用もあるので子供にもいいですね。接触冷感のひんやりするマスクなら夏場でもマスクをつけていても苦にならないようなきがします。子供にもやはりこういう接触冷感のマスクを買ってあげたいものだと思います。本当に新型コロナウイルスには参ってしまいますね。これほどまでに蔓延するとは思ってもみませんでした。本当に早く終息してほしいものですね。ワクチンとか治療薬が早くできてほしいものです。最近では緊急事態宣言が解除されているところもあるみたいですね。でもすぐに以前のような賑わいが戻ることはないように思います。やはり皆さん警戒していると思うので、しばらくは自分も用心して行動しようと思っています。自分は外出するときは必ずマスクを着用しています。最初は使い捨てマスクを使っていたのですが、最近は叔母が作ってくれた布マスクを使っています。柄がついていて非常におしゃれでいいと思っています。この間病院で受け付けの女性にマスクの柄がいいですねと褒めてもらいました。非常に嬉しかったです。まあ叔母のセンスがいいのかもしれません。叔母は本当に器用で、この間も手話の検定試験に合格したそうです。若い頃も裁判所の速記の仕事をしていたそうで、かなり優秀みたいです。酒屋に嫁いでいろいろとわいわいと楽しそうに仕事をしていました。自分の母親の姉なのですが非常に明るくて面白い人です。母親ともいまだに交流があって、マスクも送ってくれました。自分や姉の分まで作ってくれて本当にありがたいと思っています。まあ祖母や祖父は亡くなってしまってもういませんが、また一同そろって会ったりしてみたいなと思っています。祖母や祖父がまだ生きていたころは祖母と祖父の家で親戚一同がそろって正月などにはワイワイと宴会をしたものでした。自分は途中から精神的な病気になってしまっていけなくなってしまったのですが。それからほどなくして祖母が介護施設に入所してもうその正月の宴会はなくなってしまいました。本当に自分が精神的な病気にならなければずっとあの宴会に参加できていたのにと、自分が病気になったことを本当に後悔しています。もう少しまともに暮していれば精神的な病気にもならなくて済んだように思います。でももうこれからは前を向いて前向きに人生を生きていこうと思っています。この精神的な病気にのために病院に通っていたのですが、その病院が閉院するみたいなので、次の病院を決めてきました。まあ閉院する病院の先生も高齢だった見たいで、まあ仕方がないのかなと思います。でも自分としてはその先生に12年くらい診てもらっていたので、これからもずっと診てもらいたかったのですが、先生がもう辞めたいということなので仕方がないと思っています。この病院の受付の方とも親しくなって別れるのがつらいのですが、でも別れも人生の修行だと思って次に進もうと思っています。本当に先生にも受付の人にもお世話になったと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です